オゾン水とは?特長などについて|株式会社エヌアイシー

TOPオゾン水とは?特長などについて

オゾン水とは

オゾン水とは

オゾンと言えば皆さん聞いたことがあるかと思います。化学式で表すと(O3)となります。

オゾン水を作るには、水を電気分解することで陽極からオゾンが酸素との混合気体として生成されるそうです。
また、オゾンは食品添加物として認可を受けておりますので、食品加工などで使用されることが多いそうです。

オゾンの強い酸化力は、除菌・消臭において、威力を発揮するそうで、 細菌や悪臭物質の成分の多くは、酸素原子と非常に反応が速いので、オゾンによる除菌・消臭は効果的と言われております。
国によっては塩素の代わりにオゾンを用いる国もあるそうです。

オゾン水を作れる生成器も増えており、これから注目が集まってくるのではないでしょうか!?

オゾン水の特長 強酸性水の特長

・オゾンは自然に大気中に存在しており、安全性が高い
・食材への影響が少ない
・あまり臭いがしない
・耐性菌を作らないとされている
・ご家庭で簡単に使える
・機器も比較的安い

・塩と水だけで生成できるので、安全性が高い
・使用している施設が多い
(歯科医院、病院、介護施設、エステなど)
・イニシャルコストが安い
・ランニングコストが安い
・次亜塩素酸水が食品添加物として認められている
・脱臭にも応用が出来る
・手肌へ優しい
・安全性◎

強酸性水とオゾン水について

強酸性水とオゾン水は、殺菌データを見る限りではほとんど、同じような内容が記載されております。
一般的な生成方法は、どちらも電気分解を行うケースが多いそうです。

強酸性水は、病院・介護施設・歯科医院・学校などで使用されているそうです。
特に、次亜塩素酸水はインフルエンザやノロウイルスの時期になると使用量が多くなってきます。

ボトルタイプから生成できる生成器なども今では人気の商品となっています。

なるべくコストを掛けず生成できる生成器などは、多くの施設で愛用されています。

強酸性水のコスト

強酸性水やオゾン水を作る際についてのコストですが、どうしてもイニシャルコスト(本体金額)が高いと思いがちではありますが、実は、昔に比べるとかなりお手頃になってきております。

以前は、一番お安くても約15万円~20万円位していたそうです。
自動車やテレビなどもそうですが、最初はあまり需要が無いせいか、高くなっておりました。

今では、インフルエンザやノロウイルスなどの予防・対策という観点から、こういった強酸性水(次亜塩素酸水)などの注目が集まってきており、昔に比べると半分くらいの金額で購入できる時代になってきました。

本体があれば、基本はお水とお塩で強酸性水が出来てしまうのでコストはかなり安いです。
だいたい、1L当たり2~3円位で作れてしまいます。

生成されているボトルなどを購入すると1L当たり約1,000円位します。
そう考えるとボトルなどを購入している方は、コストが圧倒的にお安くなります。

初めて使う方は、ボトルタイプからお勧めしますが、使用量などが増えてきた際は生成器を購入されることをお勧めします。

強酸性水のコストパフォーマンス

強酸性水の生成方法<PANACEEⅢ(パナセ3)>

強酸性水生成器キャンペーン

電解還元水・浄水器のNIC メニュー一覧

浄水器カートリッジはこちら
浄水器カートリッジはコチラ>>

還元水浄水器のカテゴリー

還元水やお水について

還元水おすすめ品

日本トリムH-1日本トリムTI-9000

日本トリム製品特価キャンペーン


フジ医療器トレビFW507(白)フジ医療器トレビFW507(赤)フジ医療器トレビFW507(金)

フジ医療器トレビFW-507


会社案内